「フェルメールからのラブレター展」 of YUMIKO TAMARU PHOTOGRAPHY

     日常の記録を「RICOH GXR + A12 50mm F2.5」で撮った写真とともに綴っています。

「フェルメールからのラブレター展」

2012年2月16日(木)

友人erikaちゃんと、渋谷のBunkamuraでやっている「フェルメールからのラブレター展」に行ってきました♪
R0031585.JPG


が、その前にまずはデュ マゴ パリ(LES DEUX MAGOTS PARIS)でランチ♪
R0031550.JPG


erikaちゃんが食べた「ハムとチーズのオムレツ フライドポテト添え」。
R0031535.JPG


私が食べた「日替わりプレートランチ サラダ+肉・魚料理の盛り合わせ」。
R0031543.JPG

R0031547.JPG

R0031546.JPG


腹ごしらえをしたあと、いよいよ「フェルメールからのラブレター展」へ。

今回の展覧会の中心になっているのは、フェルメール作品の中でも「手紙」がモチーフになっている3つの作品(「手紙を書く女」、「手紙を書く女と召使い」、「手紙を読む青衣の女」)。

中でも、長い修復作業の後、この展覧会で世界初公開となった「手紙を読む青衣の女」が一番の目玉になっています。

この作品の中で手紙を読んでいる女性が着ている「青衣」の青は、ラピスラズリを砕いた顔料ウルトラマリンの青なんだそうですが、修復作業によってこのウルトラマリン本来の鮮やかなブルーが蘇り、美しく輝いていました♪

「手紙」モチーフのフェルメールの3作品のほか、「手紙」をはじめとする17世紀オランダのコミュニケーションのあり方に焦点があてられ、人と人とのコミュニケーションがテーマになっている同時代のオランダの画家たちの作品も展示されています。

17世紀のオランダは、当時のヨーロッパにおいてもっとも識字率が高かった地域のひとつだそうで、手紙によるコミュニケーションが盛んに行われていたんだそうです。

フェルメール作品に描かれている手紙を読む女性たちは、恋人からの手紙、つまりラブレターを読んでいるのだそうで、「手紙を読む青衣の女」の背景の壁に地図が掛かっているのは、恋人が遠方にいることを示唆しているんだそうです。

フェルメール作品の手紙を読む女性たちは、遠距離恋愛していたんですね♪

フェルメールと同時代のほかの画家たちの作品は、当時の風俗を知る上ではとても面白いのですが…

やはり「絵画」としての完成度という点では、フェルメールの作品には及ばないですね…(汗)。

フェルメールの作品は、なんといっても光の使い方が絶妙で、私も写真を撮るときによく「フェルメールの光のような光を撮りたいなあ」と思ったりするのですが、画面左の窓から差している光の描写が実に繊細で美しい。

さらに、構図や人物と空間のバランスが絶妙で、心地よい空間が作り出されていますよね。

人物の服などに使っている赤や青や黄色といった色も、派手な色ではなく、目に心地よいやさしい色なので、見ていて心が落ち着きます♪

というわけで、フェルメールの絶妙な光や空間や色に心を洗われました♪

以下、ミュージアムショップで買ったものをご紹介♪

私がミュージアムショップでよく買うのが一筆箋。
R0031587.JPG


この「手紙を書く女と召使い」の一筆箋では、半分は縦書き用なのですが…
R0031588.JPG

R0031590.JPG


残り半分は、表の全面に絵の一部が印刷されていて、裏は横書き用便箋になっています♪
R0031594.JPG


私がミュージアムショップでよく買うものその2は、チケットホルダー。
R0031598.JPG


領収証を入れて保管しておくのにいいんです♪
R0031599.JPG


私がミュージアムショップでよく買うものその3。クリアファイル。
R0031601.JPG


私がフェルメールと同じぐらい大好きなヒエロニムス・ボス(Hieronymus Bosch)のクリアファイルも買っちゃいました♪
R0031604.JPG

R0031605.JPG

R0031609.JPG

R0031611.JPG


林綾野さん著「フェルメールの食卓 暮らしとレシピ」というステキな本も購入♪
R0031613.JPG


この本は、まずフェルメール作品の紹介で始まり…
R0031614.JPG


そのあとはデルフトのフェルメールゆかりの地を紹介する旅行ガイドになっていて…
R0031616.JPG


デルフトのかわいいイラストマップもあったりし…
R0031618.JPG


さらにそのあとは当時のインテリアや…
R0031619.JPG

R0031621.JPG


ファッションや…
R0031622.JPG

R0031623.JPG


使っていた道具や…
R0031624.JPG

R0031625.JPG


食卓で使われていたテーブルウェアなどが…
R0031626.JPG


素敵なイラストで紹介されています♪
R0031627.JPG


さらに、そのあとは…

当時のオランダの料理や現在のオランダ料理を紹介する料理本になっています!
R0031628.JPG

R0031629.JPG


さて、ミュージアムショップを後にして、erikaちゃんとDexee Dinerへ♪
R0031554.JPG

R0031556.JPG


erikaちゃんの星の指輪がカワイイ♪
R0031559.JPG


OLYMPUS PENでケーキの写真を撮るerikaちゃん♪
R0031575.JPG

R0031567.JPG

R0031576.JPG


ドイツが大好きなerikaちゃんからアンペルマンのポストカードと…
R0031630.JPG

R0031633.JPG


erikaちゃんが大好きというデメル(DEMEL)のチョコをいただきました♪
R0031638.JPG


箱のふたにマーガレット! ラブリ〜♪♪♪
R0031641.JPG


そして、中に入っているチョコもマーガレット型!
R0031647.JPG


さっそく1つ頂きました♪ カワイイしおいしいし、最高です♪

erikaちゃん、ありがとう〜♪

将来実現させたい夢があって、その夢の実現のためにちゃんと現実的なプランも立てていて、そのプラン通りに日々を過ごしているerikaちゃん♪

そんな素敵な女性、erikaちゃんの話を聞くと、いつもポジティブなパワーをもらえて私もポジティブな気持ちになれます♪

erikaちゃん、いつもありがとう♪

また夢の話、ドイツの話を聞かせて下さい♪

PROFILE

profile100.jpg
tama

田丸 由美子 / Yumiko Tamaru

フォトグラファー
PHOTOGRAPHER

ブライダルの撮影を中心にフリーランスのフォトグラファーとして活動中。

コッツウォルズなどイギリスのカントリーサイドに魅了され、絵画のような田園風景や中世の面影を残す町並み、そしてそこでのんびりスロー・ライフを送る人々をHasselblad 503CWでフィルムに収め続けている。

イングランド・プレミアリーグのフットボールクラブ「Liverpool FC」の熱狂的ファンでもある。

twitter6mm.jpg@yumikotamaru

facebook6mm.jpg田丸由美子 / Yumiko Tamaru

mixi25.jpgtama

igirisujikan3DM-3.jpg
「イギリスじかん3」を開催しました♪
2013年1月23日(水)〜1月27日(日)、千駄木のギャラリー千駄木空間にて「イギリス写真」と「イギリス雑貨」のコラボイベント「イギリスじかん3」を開催しました。

collage.jpg
写真展「イギリスじかん2」を開催しました♪

2012年7月14日(土)〜9月2日(日)、静岡の富士川楽座内フジヤマギャラリーにて写真展「イギリスじかん2」を開催しました。

DM-1-3-179.jpg
写真展「イギリスじかん」を開催しました♪

2011年4月5日〜10日、お茶の水のギャラリーDEMIANにて「イギリス写真」と「イギリス雑貨」のコラボイベント「イギリスじかん」を開催しました。

liverpoolfctv63red.jpg
Liverpool FCの公式サイトに私が撮った写真が掲載されています♪

2011年5月にリバプール・サポーターズクラブ日本支部主催で行った震災復興チャリティイベントの様子がLiverpool FCの公式サイトliverpoolfctv7mm.jpgで紹介され、私が撮ったイベントの記録写真が掲載されています♪

tamaの別ブログ

bus40.jpgフォトグラファーtamaのイギリス旅行記

イギリス旅行記を中心に、海外を旅したときの記録を「RICOH GXR+A12 50mmF2.5」で撮ったスナップ写真とともに綴っています。PORTFOLIOに掲載している写真を撮ったときのエピソードなども♪

tamaの別ブログ2

soccer01-003.gifLiverpoolクレイジーtamaのフットボール日記Liverpool FC.png

現地観戦時に撮った写真やスタジアムの写真などのほか、Liverpool FCサポーターとしての活動などを綴っています。

デジカメで撮った写真でステキなアルバムを作りたいな〜♪と思っている方に超おススメ! オンラインで簡単に編集できるオシャレなフォトアルバム【Photoback】。私もよく利用しています♪

gillespie-road63.jpg
イギリス雑貨ファンにおすすめ♪

イギリスのアンティーク/ヴィンテージ雑貨やハンドメイド・ジュエリーを扱っているネットショップ
GILLESPIE ROAD

イギリス通の店長が現地のマーケットを回って買い付けてきたラブリーな品々を日本にいながらにして購入することができます♪